Browse By

M&Aを知る上で欠かせない株式交換とは

株式交換とは、M&Aの中に含まれており、完全子会社となる会社の株主が持っている全ての株式を、完全親会社となる会社の株式と交換する事を言います。この方法は政府の金融緩和政策もあり、株式以外にも金銭等での株式の交換が認められるようになりました。ある会社を買収したいのに、買収資金が無かったり、自己資金を充実させて買収を行う場合や、グループ化を迅速に行いたい場合に、株式交換を行う企業が多いです。株式交換を行うメリットしては、買い手企業は新株を発行すれば良いので、資金を使わずに済みます。次に買われる側の企業の3分の2以上の賛成があれば、少数株主を強制排除出来ます。そして、別法人のままで運営ができますので、取引先や従業員もさほど抵抗感は無いと考えられます。というような事が大きなメリットと言えます。反対にデメリットとしては、買い手側の企業が上場企業の場合は、買収と比較した場合、手続きが煩雑である事。次に、1株当たりの利益が減少して株価が下がる可能性があります。また、買われる側の企業の株主が、買う側の企業の株主となるために、株主構成が変化します。しかし、欧米でも積極的に導入されている通り、メリットが大きい事は言うまでもありません。M&Aを知る上での基礎として抑えておきましょう。

M&Aにおける株式交換

M&Aと言うものをご存知でしょうか。M&Aは企業の買収と合併のことを言います。好意的なこともありますし、敵対的なこともあります。好意的な場合は株式交換をすることがあります。株式交換をする、と言うことは事業統合、或は協力する、と言うことなのです。色々と小難しそうなことですが、しっかりと勉強すれば十分に理解できることです。まずは、株式について色々と勉強することをお勧めします。基本的に株式を中心に企業と言う物は動いています。敵対的な買収を防ぐ為に株式を公開していないところもあります。しかし、株式には大きなメリットがあります。それは不特定多数から資金を調達できる、と言うことです。これが大きなメリットなのです。こうしたことは社会人として常識ですから、よく学んでおきましょう。残念ながら、義務教育では学ぶことの無いことですから、自主的に勉強するしかありません。勉強する方法としては、本を読むことやインターネットを活用することがお勧めです。特にインターネットは非常にお勧めできます。最新の経済用語、金融用語をいくらでも調べることが出来ますから、是非とも積極的に活用することをお勧めします。頑張って勉強しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*